第1回中部支部大会アーカイブ

シンポジウム資料

 https://drive.google.com/file/d/14bL2dUrChU8K0y6E02JQMCb0H6nMSX-2/view?usp=sharing


特別セッションアーカイブ

https://drive.google.com/file/d/1p6Q9U4tCKCI5pjmZNIQu55VFmYRoMhFx/view?usp=sharing

 

第1回支部大会(オンライン)報告

https://drive.google.com/file/d/1cJTUPZu_EDf7_ElBH9RY3vPxUTX-hEae/view?usp=sharing

【大会テーマ】時空を超えてつながる中部地域の環境教育
 中部支部は、中部地域(新潟県・長野県・山梨県・富山県・石川県・福井県・静岡県・愛知県・岐阜県・三重県の10県)の支部として、2019年度に正式に発足した。この発足記念となる第1回オンライン大会では、中部地域の環境教育が時空を超えて、持続可能な地域を生み出すパートナーシップの構築を目指す。
 
会場:インターネット会場(オンライン会議システムZoomを用いて開催) 主催:中部支部大会実行委員会 共催:環境省 中部環境パートナーシップオフィス(EPO中部)/一般社団法人環境市民プラットフォームとやま(PECとやま) 期間:2020年12月12日(土)~13日(日)
  
12日(土) 一般公開特別シンポジウム(EPO中部/PECとやま共催企画)
【概要】中部地域のSDGs・環境教育
 EPO中部とPECとやまは、2018年度より富山県を中心とした北陸・信州地域において、第五次環境基本計画に沿って、地域の様々な主体による自主的なSDGsの普及啓発・学習・活動の支援と協働取組を推進してきた。本シンポジウムでは、それらの成果発表の位置づけとして富山の事例を発信するとともに、環境教育学会中部支部との連携によって中部地域全体のSDGs・環境教育を考える機会としたい。

13:30-13:40     開会挨拶
13:40-14:40     基調講演「マルチステークホルダー・パートナーシップで進めるSDGs」
         講師 佐藤 真久(東京都市大学)
14:50-15:50     話題提供「高校、行政、企業等による富山の事例紹介」
16:00-17:00     総合討論「中部地域のSDGs・環境教育」
17:00-17:20    クロージング
 
13日(日) 研究実践発表、支部総会、オンライン・エクスカーション
9:00-10:20   特別セッション「オンラインの新たな取組みについて」
10:30-12:30     研究実践発表(発表5件、各20分質疑応答含む)
13:00-14:00     中部支部発足にあたっての意見交流会(※中部支部会員限定)
14:30-16:30     オンラインツアー「TOYAMA海と山 立山・白えび」

研究実践発表要旨アーカイブ


第一回中部支部大会

藤前干潟の環境教育活動
亀井浩次(特定非営利活動法人藤前干潟を守る会)

ベオグラード憲章の目標を林業後継者育成に取り入れた理由
小山泰弘(長野県林業総合センター) 

共起ネットワーク分析を用いた棚田の評価と環境教育コンテンツとしての再検証 
平児慎太郎(名城大学農学部)

SDGsチェックリストを活用したテレワークショップ型ESD展開
原理史(中部大学中部高等学術研究所国際ESD/SDGs)
清本三郎(環境省EPO中部・中部地方ESD活動支援センター)
堺勇人(一般社団法人環境市民プラットフォーム富山(PECとやま)) 

「信州環境カレッジ」の現状と課題、展望
渡辺隆一(信州大学教育学部)
陸斉(長野県環境保全研究所)